読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ご注文はすだちですか?

ポケモン徒然日記

【S15】†真・ヨガザリガニ構築†【最高最終2136】

 

f:id:sudachipoke:20160516141823p:image

 
f:id:sudachipoke:20160517081931j:image
絵:ふぇーざ(@fezapoke)
 
 お待たせいたしました。今期、自己最高レートを更新できましたので構築記事を書きます。よろしければ最後までお付き合いください。

さて、以前ぼくは†ヨガザリガニ構築†(詳しくはこちらをご覧ください)

【S12】†ヨガザリガニ構築†【最高最終2110】 - ご注文はすだちですか?

で2100を超えることができましたが、既存の4体の並びにヨガザリガニを突っ込んだだけというものでした。そこで今回はヨガザリガニのヨガザリガニによるヨガザリガニのための構築にしようと決意。以下の3点を意識してPTを編成しました。合計3ROMで潜りましたがどのROMも2050は超えられたのでまぐれではない構築かと思います。


・メガ枠はチャーレムのみ(チャーレム軸を意識)

・KP12位以内禁止(あらゆるポケモンの可能性を模索)

いたずらごころ禁止(人の嫌がることはしない)

 

それでは、今シーズンの詳しい成績とPT紹介です。どうぞ!

 【S15成績詳細】

最高最終レート:2136

最高順位   :43位

最終順位   :64位

他2ROM最高レート:2051、2068

 

f:id:sudachipoke:20160516221327j:image     

  

f:id:sudachipoke:20160517203858j:imagef:id:sudachipoke:20160517203417j:image

 

 【PT紹介】

役割対象ポケモン、役割対象構築は一例です。似たような役割を持ったポケモンたちに選出できると思います。 

 

 

  f:id:sudachipoke:20160516223207g:plain → f:id:sudachipoke:20160516223238g:plain

 

 


NN:めんぼう

ボール:プレミアボール

特性:ヨガパワー→ヨガパワー 

性格:ようき

持ち物:チャーレムナイト
 
技構成:†とびひざげり† しねんのずつき れいとうパンチ ねこだまし
 
31-31-31-31-31-31 

メガ前実数値(努力値)
135-112(252)-95-X-96(4)-145(252)

メガ後実数値
135-152-105-X-106-167
 
 
役割対象構築:ヘラクレセドラン、ガルクレセドラン、ポリクチ、クチリュー、バシャナットサンダー、スイクンゲンガマンムー、ガルクレセサザン、ボルトランドコントロール、カバルカイリュー、受けループ
 
この構築の主役のヨガ、主役を担うための当然の国際孵化、当然の理想個体、6Vです。前回から技構成のみを変更しました。理由としてはカイリューランドロスの甘えた突っ張り、メガ前ボーマンダでの受け出しの多さ、PTで比較的に重たくなりがちなボルトロスの処理スピードアップ、命中安定技の火力確保が挙げられます。これによりかなりの飛行ポケモンを狩ることができました。レート1900台付近までは刺さっているのですが、それ以降のレート帯だとバレットパンチのほうが欲しい場面が多かったというのが正直な感想です。レート帯が進むにつれて選出タイミングはシビアになってきますが、出せるPTに対して一度有利対面を作ってしまえば必ず活躍します(技外しは勘弁)火力のすごさが魅力のポケモン、ダメージ計算の一例を載せます。

・H252振りメガクチート威嚇無し とびひざげり 87.5%超高乱数1発(猫膝で確定)

・特化FCロトム 猫騙し→とびひざげり HPに対して97.8%~116.4% 超高乱数1発

・H252B116振りFCロトムまで とびひざげり 確定1発

・B52振りガブリアスまで とびひざげり 確定1発
 
よくレート環境で目にするポケモンたちのダメージ感覚から考えるとこのポケモンの火力が想像しやすいかと思います。この火力から安易なポケモンの後出しを許しません。有利対面から後続へ負荷をかけ、相手のサイクルを崩壊させます。圧倒的選出率、当然の第1位でした。
 
 
 

f:id:sudachipoke:20160516231924g:plain

 

 

 
ボール:ゴージャスボール
 
NN:やくざちゃん
 
 
性格:いじっぱり
 
持ち物:いのちのたま
 
技構成:クラブハンマー はたきおとす †つるぎのまい† アクアジェット
 
 
31-31-31-11~13-31-31

実数値(努力値)
159(164)-189(252)-105-x-75-87(92)
 
 
 
 
 役割対象構築:ヘラクレセドラン、ガルクレセドラン、バシャーモ軸、受けループ、バンドリュ、スイクンゲンガマンムー、ゲンガナンス
 
 
この構築のもう片方の主役であるザリガニ。こちらも主役を担うための 当然の国際孵化、当然の理想個体。 6Vじゃない。
H10n-1調整で珠のダメ最小調整、バシャーモへの乱数が変わるのでAはブッパ。Sを60族意識(主にニンフィア意識)の4振り65族(ハッサム)抜き。有利対面からのサイクル崩壊がお仕事です。水技と悪技の通りやすさから、どちらかのメインウェポンが等倍で通るようになっています。有利対面を作り、交換読みで技を繰り出すか、そのまま素直に行動するかで相手のサイクルに負担をかけていきます。また、一度つるぎのまいを積んでしまえばはたきおとすで特化ナットレイが超高乱数1発(93.8%)、特化スイクンが高乱数1発(75%)、アクアジェットでCSメガゲンガー確定1発(HSなら31.3%)、受けルのグライオンも今まで当たってきた調整ではすべて確定1発でした。受けにくるポケモンを読んで積むことができれば絶対的な抜きエースの誕生となります。
このポケモンを使うにあたって一番大切なことはどの場面で交換読みすべきなのかそうでないかをしっかりと見極めることです。これは経験を積むしかないと思います。正直ぼくはいつも感覚で行動しています(沼
 
今シーズンはシザリガーのSが足りなくて負けることも多々ありました。フシギバナの上を取りたい場面も多かったので準速シザリガーなんてものも楽しいかもしれません。それはまた来シーズン以降考察していきたいと思います。一応冒頭で述べた前回の構築記事と技構成は変わりありませんので立ち回り等気になる方はそちらをご覧ください。
 
 
 

f:id:sudachipoke:20150714212310g:plain

 

サンダー

 NN:Mega★Emolga
 
ボール:クイックボール
 
特性:†プレッシャー†
 
性格:ひかえめ
 
持ち物:こだわりスカーフ
 
技構成:10まんボルト ねっぷう めざめるパワー(氷) ボルトチェンジ 
 
31-16-26-31-31-31(めざパ:氷)

実数値(努力値)
171(44)-92-103-194(252)-110-147(212)
 
 
 
役割対象構築:カバルカイリュー、バシャナットサンダー、スイクンゲンガマンムー、受けループ、ジャロゴーリ、ボルトランドコントロール、威張ってきそうなPT
 
 
Cぶっぱ。SはスカーフでS1↑最速81族抜き調整。余りH。切り込み隊長。サイクルの潤滑油からぼくのPTの足りないSを補うお掃除役となんでもこなす器用な子です。
こちらは前の構築時とまったく調整も技構成も変えていないので詳しい内容は前回記事を見てもらったほうがいいと思います。
 この子を霊獣ボルトロス(以下レボルト)にしたほうがいいのではないかというお言葉をよくいただくことがあります。確かにレボルトの火力、電気の一貫性を消したいという場面は多々ありますが、何よりも耐久で大きな差別化となっています。レボルトの火力よりもサンダーの耐久のほうが勝ちを拾える場面が多いです。さらに、ねっぷう と きあいだまの命中率の差もとても大きな要因です。ぼくのPTは命中不安技をメインとして扱っていかなければなりません。長期戦なレートという形式だからこそ少しでも不安要素を減らしておく、そのためにぼくはサンダーを採用しています。そして、何よりも大切なのが見た目です。ぼくはサンダーの見た目のほうが圧倒的に好きです。これはレートモチベを保つためにも大きな意味があります。モチベの低下はレートの低下です(名言)。メンタル面も配慮しつつ潜りたいのでサンダーを使います。
最後にサンダーは確実に静電気サンダーのほうがいいです。特性がプレッシャーのためワンチャンスすら生まれなかった試合がいくつもありました。今シーズン厳選していましたが間に合いませんでしたので今度は間に合わせたいですね。
 
 
 

 

f:id:sudachipoke:20160517015953g:plain

 

ポリゴン2

NN:あいふぉん

ボール:モンスターボール

特性:トレース

性格:ずぶとい
 
 
技構成:イカサマ れいとうビーム †でんじは† じこさいせい 
 
31-10~13-31-31-31-31

実数値(努力値)
191(244)-81-156(252)-126(4)-116(4)-81(4)
 
 
役割対象構築:ガルガブゲン、マリゲンポリ、というかもはや受けを必要としたら全部
 
このPT唯一の受けポケ。感謝故当然の国際孵化、当然の理想個体。このPTに於いて足りない耐久の全てを担う。でんじはから、ヨガザリガニが高火力を上から叩き込めるようサポートをし、イカサマで物理ポケモンの起点にはさせない。また、トレースという強力な特性でおやこあい、いたずらごころなどの強力なを特性をコピーし、火力、補助技どちらのサポートも可能とします。

チャーレムポリゴン2の相性補完は想像以上に強力でした。チャーレムを倒すことのできる格闘枠はメガ後のルカリオバシャーモの2体です。あ、後ルチャブルがいました。コジョンドは知りません。それら以外の格闘ポケモンの場合はチャーレムとの有利対面を作ることを許してしまい、後続に負荷がかけられてしまいます。

選出率は高く、チャーレムに次ぐ2位でした。

場合によってはTODを仕掛けることもできるので、PTの勝ち筋を広げてくれるすばらしいポケモンでした。

 

 

f:id:sudachipoke:20160517022546g:plain

 

 

 
 
NN:ごきちゃん
 
特性:もらいび
 
性格:ひかえめ
 
持ち物:ラムのみ
 
技構成:だいもんじ ラスターカノン †げんしのちから† おにび
 
 
31-5-31-31-31-30

実数値(努力値)
167(4)-87-126-200(252)-127(4)-128(244)
 
 
 
役割対象構築:サザンガルド、ガルガブゲン、レパルガッサメタモンクレッフィメタモン、ボルトメタモン、バシャサンダーナット

PTでどうしても重いギルガルドを処理するために採用してみましたが、汎用性が高く選出の幅が広かった印象です。ラムの実を持たせることにより、害悪系だったりあくびループを抜けたり、催眠術を透かしたり、ボルトロスから麻痺を受けずに突破するなどとても便利でした。何よりも、ラムは相手に読まれづらかったことが印象的です。キノガッサのキノコのほうしを読み、サンダーのボルトチェンジからヒードランを無償降臨し、最小限の被害で相手のキノガッサを処理したりする立ち回りが非常に便利でした。調整は準速ヘラ抜きにしていますがあまり活躍しなかったため、最速ギルガルド抜きで留め、残りをH、もしくはDに振るのがいいかもしれません。ここらへんはまた来シーズンから考察していきます。
また、マグマストームは先ほども述べた通り、メイン技が命中不安技ばかりになるので、少しでも不安要素を取り除くためにだいもんじを採用しています。当てる自信のある方はマグマストームを採用したほうが強いとは思います。
選出率高め。
 
 
 
 

f:id:sudachipoke:20160517022645g:plain

 

 ニンフィア(♀)

 
ボール:ドリームボール
 
NN:にゃー
 
特性:フェアリースキン
 
性格:ひかえめ
 
持ち物:カゴのみ
 
技構成:ハイパーボイス †いびき† めいそう ねむる
 
 
31-1-31-31-31-31

実数値(努力値)
201(244)-63-107(172)-154(76)-151(4)-82(12)
 
 
 
役割対象構築:レパルガッサメタモン、ボルトランドコントロール、ジャロゴーリ、受けループ、キノガッサ入り対面構築に気分で。

役割対象トレーナー:すだち 


本PTのアイドル枠。かわいさゆえにあまり戦わせたくないため選出率は1割にも至りません。レート2050まではこの枠はクレベースでした。

ニンフィアを採用した理由としてはやはり害悪系PTへの勝ち筋がほぼ0だったこと、オニゴーリ入りのPTに弱いこと、キノガッサに弱いことが挙げられます。

また、技構成はカゴのみを持っていながらいびきも採用しています。キノガッサに少しでも強くなれるよう、また、特殊ポケモンと積み合いで勝てるようにこの技構成となりました。 

1番このポケモンを採用していてよかったメリットはレパルガッサメタモンが一切出てこなくなる選出の抑制力だったと思います。

他の試合で選出した時は威張る、麻痺、急所、絶対零度等で本来役割対象先であるポケモンたちに倒されることのほうが圧倒的に多かったためやはりこのポケモンはぼくの中ではアイドル枠になってしまうのだと思います。 

もう少しうまく使える選出パターン等々を考えていきたいですね。



【選出パターン】
 
主にこのようなパターンです。
 
①ヨガザリポリ(ヘラクレセドラン)

②ヨガザリサンダー(受けル、火力でゴリ押せそうな構築)
 
③ヨガポリドラン(ポリクチ)
 
④ヨガポリサンダー(あまり見慣れないような構築)
 
⑤ポリサンダードラン(ガルガブゲン、ガッサ入り)
 
⑥ポリザリサンダー (ガルガブゲン、バシャ入り)

⑦ポリサンダーニンフ(オニゴーリ入り、その他ガッサ構築に出せそうなら)
 
 
相手構築全体のS種族値や、いかに有利対面を作りやすいプレイングができるかを考えて選出していきます(ギルガルド入りPTにはチャーレムで有利対面を作っても大したアドバンテージにはならないのでなるべくチャーレムは選出しないなどの細かいルールもあります)そして、自然と選ぶ選出がこのパターンのどれかに当てはまっているイメージです。こういう構築にはこの選出!といった自分ルールがある程度あることにはあるのですが長くなるので割愛します。ですがCASでは選出理由等を話しながらレートしていますので気になる方は遊びに来てみてください!(露骨な宣伝)また個別にTwitterで聞いてもらっても構いません!
 
 
【最後に】
有名な並びが多い環境ですが、誰もが使ったことのないような並びを自分で考えて使いたいというのがいつもぼくの根底にあります。今回、初めて自分で構築を一から組んだことにより、自分の実力はすごく伸びたなと感じました。そして、何よりも自分だけが使いこなせると自信を持って言えるような構築になったことで、飽き初めていたレート対戦がまた楽しくなってきました!今度はこういった構築をさらに煮詰めて2200に挑戦していきたいと思いますのでよろしくお願いします!最後に、S15でマッチングしたみなさまありがとうございました、またいつかどこかで対戦よろしくお願いします!
 
 
 
 
 @sudachipoke